冬の薪割りのお話。

0

     

    冬の薪割りは、

    当然のことながら・・・とにかく寒い!!

     

    薪割り

     

    ですが、

    冬の薪割りには、良いところもたくさんあります。

     

    まず第一に、「虫がいない」。

    寒い季節は、松に卵を産み付ける虫がいないため、

    丸太を切っていても、虫が出てこない。

    虫が寄生し、松くい虫ににやられた松は、松ヤニが減り、

    焚いたときに火力が上がりにくいのです。

     

    更に、「腐りにくい」。

    湿気の多い季節は、

    松を、原木や丸太のまま置いておくと

    すぐに腐ってしまう。

    冬はその心配がありません。

     

    そして、

    寒い季節に割った薪は「脂がのっている」!

    ヤニを蓄えたまま、寒い冬を越そうとするので、

    窯焚き用の薪としては、最高の状態になるのです。

     

    冬の薪割りには、利点がたくさん!!

    防寒対策を万全に、この冬も薪割りをがんばります。

     

    それでもやっぱり・・・春は恋しいkyu



    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << August 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM